ホーム > 刊行物の紹介 > 機関誌 『新都市』

刊行物の紹介

新都市 各年/
19年分総目次
平成15年(2003)〜
令和3年
(2021)

過去の記事の検索などにご活用ください。検索方法はこちらから(外部リンク)。

令和3年(2021)
総目次
目録を見る
令和2年(2020)
総目次
目録を見る
平成31年・令和元年(2019)総目次
目録を見る
平成30年(2018)
総目次
目録を見る
平成29年(2017)
総目次
目録を見る
平成28年(2016)
総目次
目録を見る
平成27年(2015)
総目次
目録を見る
平成26年(2014)
総目次
目録を見る
平成25年(2013)
総目次
目録を見る
平成24年(2012)
総目次
目録を見る
平成23年(2011)
総目次
目録を見る
平成22年(2010)
総目次
目録を見る
平成21年(2009)
総目次
目録を見る
平成20年(2008)
総目次
目録を見る
平成19年(2007)
総目次
目録を見る
平成18年(2006)
総目次
目録を見る
平成17年(2005)
総目次
目録を見る
平成16年(2004)
総目次
目録を見る
平成15年(2003)
総目次
目録を見る
平成15年(2003)〜
令和3年(2021)
総目次
目録を見る

機関誌『新都市』

協会では機関誌『新都市』を毎月発刊しています。
定価 1,200円(税込・送料別)
年間購読料 14,400円(税込・送料込。ただし、当協会会員は会費の中に含む)

 
新都市最新号

目次を見る

今月号の特集
特集 「金融」を通じたまちづくりの推進

<総論・トピック>
○ESG投資の潮流と不動産・まちづくり
○都市の包摂性と金融
○まちづくりにおける官民連携のインパクト投資
 「ソーシャル・インパクト・ボンド(SIB)」の可能性について

<まちづくりにおける金融の役割>
○都市開発における金融の動向
○地域のまちづくりとファイナンス
○インパクト投資、SIB、寄付などの「新たなお金の流れ」を活かす可能性
○サステナブル・ファイナンスを通じたまちづくり
○共感投資による住民参加型まちづくり
○不動産特定共同事業(FTK)の活用によるまちづくり
○民間都市開発推進機構の金融支援

<金融を通じた新たなまちづくり>
○金融・非金融サービスを組み合わせた持続可能なまちづくりを目指して
○愛媛県大洲市における歴史的資源を活用した持続可能な観光まちづくりへの支援
○信用金庫によるまちづくり支援〜店舗を活用した地域課題解決への貢献〜
○信用金庫によるまちづくり支援の可能性
○まちづくり分野で国内初となるソーシャル・インパクト・ボンドの導入について(記事

<民都機構金融支援の活用事例>
○メザニン支援を活用した都市開発の取組み
 港区赤坂一丁目地区市街地再開発事業他を例に
○まち再生出資活用事例−ES CON FIELD HOKKAIDOの建設−
○奈良井宿古民家群活用プロジェクト

広告掲載を希望される方へ
新都市への広告掲載をご希望の方はこちらをご覧ください。


書籍の購入を希望される方へ
当協会が刊行している書籍の購入を希望される方は、下記のリンクをクリックして開く画面を印刷し、会員はFAX(番号:03-3262-3475)でお申込ください。なお、見積書・請求書など所定の用紙がございましたら、所定の用紙とともに郵便でお申し込みください。
また、非会員の方はお手数ですがお電話で送料を確認のうえ、現金書留(代金先払い)でお申し込みください。
図書購入申込書